ホーム > ながはくパートナー大募集


ながはくパートナー随時募集中!

博物館パートナー(ボランティア)を常時募集しています。 パートナーは長野市の自然や文化について楽しみながら探求し、その価値を広く発信する活動を行っています。お気軽にお問い合わせください。
※文化財保存グループは現在募集していません。

【お問合わせ先:026-284-9011】


ながはくパートナーについて

ながはくパートナーとは

ながはくパートナーは、長野市立博物館とともに、長野市の自然や歴史・文化について楽しみながら探求し、その価値を広く発信する活動を行う団体を目指します。これまでの博物館ボランティア活動をより主体的に発展させ、博物館のパートナーとして様々な事業を連携して行っていくことを想定しています。


長野市立博物館が目指す方向性

 ながはくパートナー導入の背景
◎地域に密着し、地域住民に利用してもらえる博物館。
◎利用者や来館者が主体的に楽しむことのできる博物館。


ながはくパートナーが目指す方向性

◎主体的に活動する(楽しむ・学ぶ)。
◎来館者の主体的な学びをサポートする。


①グループ活動

ながはくパートナーは現在3つのグループに分かれて活動しています。グループ毎に活動日が決まっています。またグループ毎に研修旅行などを実施します。パートナーとして活動するためには、いずれかのグループに参加してください。

⚫昔たいけんグループ:小学校団体の見学対応(ガイド・体験指導)
活動日:小学校社会見学対応時、及び体験準備日は不定期
定例会:毎月第3火曜日10~12時、定例会への出席がグループ参加要件

⚫木工グループ:木を材料とした昔玩具の制作指導
活動日:毎月第2土曜日12:30~16:00子ども体験のひろば、夏休み期間中各種団体対応は不定期

⚫文化財保存グループ:令和元年東日本台風による被災資料の保存及び、地域文化財の調査
活動日:毎週金・土曜日10:00~16:00、毎週1回以上活動できる方のみ
※文化財保存グループは現在募集していません。


②名札の着用

入会時に名札をお渡しします。活動日には必ず持参し、受付で提示後入館してください。活動目的以外の入館(展示見学・プラネタリウム観賞等)の際は、入館料をお支払いください。


③ボランティア保険へ加入

全国共通ボランティア保険に加入して下さい(博物館職員が加入手続きを代行します)。活動中のケガだけでなく、往復の交通事故も保証対象となります。保険は年度更新で毎年加入していただきます。なお、他ボランティア団体等で同保険に加入されている場合は、当館での加入は必要ありません。


④パートナーの活動年限

ながはくパートナーは活動年限を1年とします(ボランティア保険に合わせて4~3月とします)。次年度も続けて参加される方は改めて登録書をご提出下さい。




これまでのボランティア活動

活動内容

1.団体対応(平日)
主に小学校団体、幼児団体の対応になります。見学・体験のプログラムを実施しています。内容は、3年生を対象とした古民家ガイド・民具クイズ・石臼やたわら編みなどの体験や、高学年を対象にした川中島の合戦・土器や石器のプログラム、また幼児対象の博物館たんけん隊などがあります。養成講座や研修なども、随時行っています。

2.「こども☆体験のひろば」の運営(土曜日)
子どもウェルカムデー(小中学生入館料無料)に合わせて、子ども向けのワークショップを開催しています。昔の手仕事体験・木工教室などの工作などを行っています。それぞれの特技や趣味をいかして、活動しています。

3.文化財保存ボランティア(金曜日・土曜日)
令和元年東日本台風による被災資料の保存活動を中心に活動しています。今後は文化財防災の観点から、地域の文化財調査も実施していきます。

ページの先頭へ