ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

清掃センターで処理ができないもの(処理困難物)

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2018年12月11日更新

清掃センターで処理ができないもの(処理困難物)

 集積所で回収されたごみや、持ち込まれたごみは、清掃センターで焼却したり、リサイクルするための処理を行います。しかし、清掃センターでは処理できないものもあります。これを「処理困難物」と呼んでいます。これらは、集積所に出すことはできません。

処理困難物の一例

  • 家電4品目 テレビ・エアコン・冷蔵庫(冷凍庫)・洗濯機(衣類乾燥機)
  • パソコン
  • 消火器
  • 二輪車(バイク、スクーター、原動機付き自転車)
  • ガソリン、軽油、灯油、オイル(非食用)
  • 塗料、シンナー
  • 自動車、発電機、エンジン、バッテリー、除雪機、農業機械
  • プロパンガスボンベ
  • 塩化カルシウム
  • 農薬、火薬、毒劇物
  • ピアノ
  • 石、砂、土
  • 大きすぎるもの        など

処理困難物の処理のしかた

購入店・販売店・メーカー等に相談してください

ガソリン、軽油、灯油、オイル(非食用)、塗料、シンナー、自動車、発電機、エンジン、バッテリー、自動車・バイクのタイヤ、除雪機、農業機械、プロパンガスボンベ、塩化カルシウム、農薬、火薬、毒劇物、ピアノ、太陽光パネル など

 ※有料になる場合があります。
 ※塗料は、少量の場合、紙や布に吸わせて可燃ごみで集積所に出すことができます。

決められた処理ルートに従って処理してください

 次の品目は、購入店等に処理を依頼する方法のほかに、決められた処理ルートにより処理することもできます。

ストックヤードで一部の処理困難物を受け入れします

 処理困難物のうち、一部の品目については、「ストックヤード」で受け入れできます(有料)。事前に清掃センターに予約のうえ、自己搬入してください。

  • 予約や詳しい品目・手数料等は、清掃センター(Tel026-221-5316)へお問い合わせください。
  • 清掃センター関連ページ →ストックヤードへの自己搬入
受け入れ品目の一例

瓦、れんが、物干し台、コンクリートブロック、温水器、スプリング入りのソファーやマットレス、電動介護ベッド、電動車いす、電動式健康器具、電動自転車、オイルヒーター、つけもの石(プラスチックでコーティングしたもの)、タイヤ(ホイールも含む)、油圧式ジャッキ、ポンプ類、ボウリングのボールなど

 ※スプリング入りのソファーやマットレスは、ストックヤードに自己搬入する方法のほかに、指定の一般廃棄物収集運搬許可業者でも受け入れできます(有料)。
 詳しくは、「スプリングマットレス等の出し方」をご覧ください。

より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします

このページに関するお問い合わせ先
〒380-8512 長野市大字鶴賀緑町1613番地
市役所第二庁舎3階
ごみ収集・啓発担当
Tel:026-224-7635
Fax:026-224-8909
お問い合わせはこちらから
前のページに戻る ページトップに戻る