ホーム >おうちで博物館



ご自宅から長野市立博物館を楽しめるコンテンツをご用意しました。
お子様から大人まで楽しめるぬりえや学芸員おすすめの収蔵品紹介など、
おうちで博物館をお楽しみください。

 

ぬりえ


博物館収蔵品を使ってぬりえを作りました!
印刷してお楽しみください。


川中島絵葉書収納袋



  
 
ぬりえ:PDF(1.1MB)
ぬりえ:JPG(661KB)
原画:PDF(2.7MB)
原画:JPG(973KB)


上杉謙信画像



  
 
ぬりえ:PDF(1.7MB)
ぬりえ:JPG(994KB)
原画:JPG(394KB)


武田信玄肖像画



  
 
ぬりえ:PDF(5.3MB)
ぬりえ:JPG(1.2MB)
原画:PDF(4.9MB)
原画:JPG(488KB)


武田信玄自筆書状・武田信玄花押






  
 
花押(大)ぬりえ:PDF(235KB)
花押(大)ぬりえ:JPG(65KB)
花押(大)点つなぎ:PDF(213KB)
花押(大)点つなぎ:JPG(69KB)
  
 
花押(小)ぬりえ:PDF(358KB)
花押(小)ぬりえ:JPG(117KB)
花押(小)ぬりえ:PNG(482KB)
花押(小)見本:PDF(3.8MB)
花押(小)見本:JPG(778KB)


武田上杉川中島大合戦図



  
 
ぬりえ:PDF(1.0MB)
ぬりえ:JPG(899KB)
原画:PDF(637KB)
原画:JPG(437KB)


善光寺本尊御影





もっと詳しく知りたい方はこちら!↓クリックでpdfが開きます(3.0MB)


 
ぬりえ:PDF(5.3MB)
ぬりえ:JPG(1.1MB)
原画:PDF(5.4MB)
原画:JPG(1.1MB)


飯縄大明神像



 
ぬりえ:PDF(1.2MB)
ぬりえ:JPG(155KB)
原画:PDF(230KB)
原画:JPG(537KB)


“飯縄大明神”ってどんな神様?




飯縄大明神に塗り絵してみました!




九頭龍大権現図



  
 
ぬりえ:PDF(2.3MB)
ぬりえ:JPG(1.4MB)
原画:PDF(6.3MB)
原画:JPG(693KB)


牛に引かれて善光寺参り



  
 
ぬりえ:PDF(1.2MB)
ぬりえ:JPG(503KB)
原画:PDF(6.1MB)
原画:JPG(608KB)


学芸員おすすめの一点

当館学芸員が博物館収蔵品の中でおすすめの一点を選んで紹介します。
以前の紹介品はこちらから

白澤避怪図



 白澤とは、顔は人間でありながら目が三つあって角を生やし、体は四つ足の獣で背中の両側に三つずつの目を持つ中国由来の祥獣です。見た目は気味が悪いですが、17世紀初頭に中国で作られた事典「三才図絵」には、人の言葉を理解し、万物に通じた知識を持つ有能な神獣として紹介されています。また名君によってこの世が平和に治められているときに出現し、未来を予言する吉祥の獣ともされます。  写真の刷り物はこの白澤の姿を描いたもので、江戸時代、神社と寺院が習合していた戸隠山から発行されたものです。「白澤避怪図」の避怪(あやしいものを避ける)の文字通り、さまざまな災いを除ける守り札として発行されていたようです。当館にはこのほかにも、白澤のポーズが異なる、戸隠山が発行した別バージョンの守り札も収蔵されています。 今では戸隠と白澤の縁は切れてしまい、戸隠に白澤の影は全く見られませんが、江戸時代にはこの二つを繋げる何かがあったのだとおもわれます。(民俗:細井雄次郎)


長野から見つかるホタテガイの化石

 
 写真1は長野市信州新町で採集したナガノホタテで、信州新町化石博物館に展示しています。 ナガノホタテは長野市周辺でしか見つからないホタテガイの仲間です。また、450万年前ころの長野周辺の海では、このほかにシナノホタテ、ヤマサキホタテが、また日本各地では様々なホタテガイの仲間が生息していました。 ところが、この当時から比べると徐々に気候が寒冷化していくために、ホタテガイの仲間の数が減っていきます。現在のホタテガイの仲間は、冷たい海にすむホタテガイ1種類(写真2)になってしまいました。 ナガノホタテと現在のホタテガイでは、殻の全体的な形や表面に放射状に広がる凸凹の数などが異なります。このポイントはホタテガイの種類を見分けるときに使いますので、どのような点が異なるのか見比べてみてください。 ナガノホタテのほかに、シナノホタテ、ヤマサキホタテの化石は、信州新町化石博物館や戸隠地質化石博物館に展示していますので、機会があればぜひご覧ください。 (地質:成田健)








参加しています!他のおうちミュージアムにも是非お出かけください♪

ページの先頭へ