前のスライドを表示
次のスライドを表示
 
前のスライドを表示
次のスライドを表示
 
前のスライドを表示
次のスライドを表示

更新日:2023年7月31日

ここから本文です。

ヤングケアラー支援

ヤングケアラーを知っていますか?

ヤングケアラーとは、本来大人が担うような家事や家族のケアを日常的に行い、家族を支えている18歳未満の子どもたちです。家庭の様々な事情により家族のケアを行う事は、自身の将来への経験につながっていくため決して悪いことではありません。

しかし、過度なケア負担を担う事で疲れてしまい、授業についていけない・友達と過ごす時間がないなど、子どもが子どもらしい時間を過ごせていない事が問題とされています。

ヤングケアラーとは

ヤングケアラーの一例

こども家庭庁ヤングケアラーホームページ(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)

​長野市の取組

ヤングケアラーが成長し大人になった時、ケアの範囲が広くなり負担が増す事があります。ケアの役割は、ある特定の年齢だけに生じるものではありません。

そこで長野市では、18歳未満のヤングケアラーのほか、概ね30歳代までの若者を「子ども・若者ケアラー」として、ニーズにあった切れ目のない支援を行っていく必要があると考えています。

ケアラー支援に向けたプロジェクトチームの設置

ケアラー支援に向け、今後の支援のあり方や対策の方向性を検討するため、こども未来部長をリーダーとする「子ども・若者ケアラー庁内プロジェクトチーム」(こども未来部、保健福祉部、長野市保健所及び教育委員会事務局)を設置しています。

ヤングケアラー社会認知度向上のための取組

子ども・若者ケアラーは、ケアラーに該当するケースでも、本人や家族に自覚がなかったり家庭の内情を知られたくない、家族のケアは家族がするものと表面化されにくいのが現状です。

社会全体で支えて行くために様々な取り組みがはじまっています。

​研修会の開催

広く多くの皆さんにヤングケアラーを知っていただくため、講師をお招きして研修会を開催しました。

講師
持田恭子氏(一般社団法人ケアラーアクションネットワーク協会代表理事)
市職員対象

令和4年9月30日(金曜日)、10月21日(金曜日)

教職員対象

令和4年11月6日(日曜日)、10月7日(月曜日)

一般市民・支援関係者等対象

令和4年11月27日(日曜日)、11月29日(火曜日)

お問い合わせ先

こども未来部
子育て家庭福祉課家庭・児童支援担当

長野市大字鶴賀緑町1613番地 第二庁舎2階

ファックス番号:026-224-7698

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?