ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

現在地 トップページ > 分類でさがす > 市民の皆さんへ > 自然・環境・公園 > 再生可能エネルギー・省エネルギー > 第一庁舎及び長野市芸術館における環境性能について

第一庁舎及び長野市芸術館における環境性能について

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2017年9月12日更新

第一庁舎・長野市芸術館における環境性能

環境にやさしい庁舎

図1完成予想図(北西側外観) 長野市では、平成28年1月から新第一庁舎の利用を開始いたしました。この庁舎は、長野市芸術館との複合施設で、1階の入り口が共用となります。庁舎建設にあたっては、太陽光発電や地中熱を利用するなど、環境に配慮した様々な設備や高効率機器を導入し、エネルギー使用量の抑制を図りました。

 

環境にやさしい庁舎(資料) [PDFファイル/148KB]

太陽光発電設備

写真5 太陽光発電設備設置状況 太陽の光を電気エネルギーに変換する太陽電池を、効率的な配置を行うことにより、高い発電量確保しています。芸術館屋上部に発電出力20キロワットの太陽光発電設備を設置し、施設の使用電力の一部として使用しています。

地中熱利用システム

地中熱 地中熱は季節に関わらずほぼ14℃~16℃と一定の温度を保つ、日本中どこでも利用できる再生可能エネルギーです。一般的なエアコンでは、ヒートポンプという方式により、 外気と熱交換しますが、外気の代わりに地中に敷設した熱交換器に水または不凍液等を循環させ地中と熱交換することにより、省電力やヒートアイランド現象の緩和が可能となります。

地中熱についてもっと知りたい方はこちら

地中熱利用システムパンフレット [PDFファイル/1.11MB] (環境省)

高効率照明設備

 庁舎及び芸術館の照明設備には、LED照明をはじめとする高効率照明器具を多く採用しています。また、トイレやバックヤードなど、人が常時いない場所については、人感センサーを採用したり、執務スペースについては明るさセンサーを設置し、照度一定制御を行うことで、照明に係るエネルギーの効率的利用を実施しています。

BEMS (ベムス)

 BEMSとはBuilding Energy Management Systemの略で、ビルの機器・設備等の運転管理によってエネルギー消費量の削減を図るためのシステムのことです。庁舎及び芸術館で使用されている電力等のエネルギーを監視し、照明や空調システムなどを効率的に稼動させることができます。

井水・雨水利用

 井水は、トイレ洗浄水やニワの融雪装置、またホール空調の予冷にも利用されています。また、雨水についても貯水し、植栽散水用の水として利用しています。井水・雨水の利用により水道使用量の削減を図っています。

 

より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします

このページに関するお問い合わせ先
〒380-8512 長野市大字鶴賀緑町1613番地
地球温暖化対策室
Tel:026-224-7532
Fax:026-224-5108
お問い合わせはこちらから

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

前のページに戻る ページトップに戻る