前のスライドを表示
次のスライドを表示
 
前のスライドを表示
次のスライドを表示
 
前のスライドを表示
次のスライドを表示

更新日:2024年1月4日

ここから本文です。

食品の回収情報

食品等の自主回収報告制度

令和3年6月1日から、食品衛生法と食品表示法に基づく、自主回収の報告制度が始まりました。

消費者の皆さまへ

食品等の自主回収(リコール)に関する情報を、厚生労働省が管理する食品衛生申請等システムで確認できます。確認する際はシステムのページ左側、「食品リコール」の「公開回収事案検索」ボタンから、自主回収情報を検索してください。

食品衛生申請等システムはこちら厚生労働省食品衛生公開[メニュー](外部サイトへリンク)

リーフレット:消費者の皆さまへ(外部サイトへリンク)

事業者の皆さまへ

食品等の自主回収(リコール)を行った場合、管轄の自治体へ届出が義務化されました。

(ただし、不特定かつ多数の者に対して販売されたものでなく、容易に回収できることが明らかな場合や、消費者が飲食の用に供しないことが明らかな場合等は、届出は必要ありません)

食品の自主回収(リコール)を行う場合は、食品衛生申請等システムか保健所窓口に届出してください。

なお、自主回収の変更や終了した場合も、届出してください。

食品衛生申請等システム(事業者ログイン画面)(外部サイトへリンク)

参考として、

届出簡易マニュアル(消費者庁作成)(PDF:1,384KB)

リーフレット:事業者の皆さまへ(外部サイトへリンク)

自主回収届(ワード:16KB)

詳しい内容は、

回収命令による回収情報(回収終了)

令和5年11月16日、市内の製造者(株)プライトームが製造し販売した「豚角煮」について、本市における食品の規格基準に係る収去検査で大腸菌群陽性となったため、食品衛生法第13条第2項違反により、当該製造者に対し命じた当該品の回収は、令和5年12月1日に終了しました。

製造数:507パック

販売数:185パック

回収数:138パック

なお、販売先等から健康被害の情報はありません。

対象食品については、以下の資料をご覧ください。

「食品の企画基準に違反する食肉製品の回収を命じました」(令和5年11月16日)(PDF:201KB)

お問い合わせ先

保健福祉部
長野市保健所食品生活衛生課食品衛生担当

長野市若里6丁目6番1号

ファックス番号:026-226-9981

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?