ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

現在地 トップページ > 分類でさがす > 市民の皆さんへ > 税金 > 軽自動車税 > 農耕作業用トレーラに対する課税について

農耕作業用トレーラに対する課税について

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2020年12月28日更新

農耕作業用トレーラが公道走行できるようになりました

農耕トラクタにけん引され、肥料・薬剤散布、耕うん、収穫、運搬などを行う「農耕作業用トレーラ(けん引式農作業機)」が、道路運送車両法上の大型・小型特殊自動車に新たに指定されたことから、公道走行ができるようになりました。

公道走行する場合には、農耕作業用トレーラは農耕トラクタとは別の車両として扱われ、保安基準や構造条件などの一定の条件を満たす必要があります。
詳しくは、農林水産省や(一社)日本農業機械工業会のホームページをご確認ください。

農林水産省ホームページ作業機付きトラクターの公道走行について(外部リンク)

農作業機を装着・けん引した農耕トラクタの行動走行ガイドブック(外部リンク)

(一社)日本農業機械工業会ホームページ作業機付きトラクタの公道走行について(外部リンク)

農耕作業用トレーラに該当するもの

農耕トラクタのみにけん引されるトレーラタイプの農作業機が該当します。

(例)マニュアスプレッダ(堆肥散布機)、スプレーヤ(薬剤散布車)、ロールベーラー(集草機)、トレーラ(運搬車)など

農耕作業用トレーラの課税について

農耕作業用トレーラが小型特殊自動車の場合は軽自動車税(種別割)が課税され、大型特殊自動車の場合は固定資産税(償却資産)が課税されます。

なお、農耕作業用トレーラが大型特殊自動車と小型特殊自動車のどちらに該当するかは、けん引する農耕トラクタの種別によって判断します。下記の図を参考にしてください。公道走行しない場合はすべて固定資産税の課税対象となります。

 
けん引車の種別
<農耕トラクタ>
公道走行における
けん引時の最高速度
被けん引車の種別
<農耕作業用トレーラ>
小型特殊自動車時速35km未満小型特殊自動車(軽自動車税)
大型特殊自動車時速35km以上大型特殊自動車(固定資産税)

申告の手続きについて

農耕作業用トレーラが小型特殊自動車の場合はナンバープレートの交付(軽自動車税申告)が必要です。
手続きについては下記をご覧ください。

原動機付自転車・小型特殊等の登録・廃車

大型特殊自動車の場合は固定資産税(償却資産)の申告が必要です。
手続きについては下記をご覧ください。

固定資産税(償却資産)の申告

※新たに軽自動車税申告をした農耕作業用トレーラについては、償却資産として二重に申告することのないようご注意ください。

より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。

このページに関するお問い合わせ先
〒380-8512 長野市大字鶴賀緑町1613番地
第一庁舎3階
直通
Tel:026-224-5017
Fax:026-224-7346
お問い合わせはこちらから

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

前のページに戻る ページトップに戻る