前のスライドを表示
次のスライドを表示
 
前のスライドを表示
次のスライドを表示
 
前のスライドを表示
次のスライドを表示

更新日:2024年2月8日

ここから本文です。

薪ボイラーを設置しました

鬼無里の湯に薪ボイラーを設置しました

概要

目的

化石燃料に代わり、地域の間伐材からつくる薪を利用することで、温室効果ガス削減に留まらず、里山整備の促進、地域産業や雇用の創出を図るとともに、資源の地産地消を目的とします。

経過

平成25年度:LLP(有限責任事業組合)鬼無里薪ステーション設立

平成26年度:「活き生き鬼無里みんなでトーク」にて鬼無里の湯へ薪ボイラーの導入が要望される。

平成28年度:鬼無里の湯(薪ボイラー導入実施設計)

平成29年度:鬼無里の湯(薪ボイラー設置工事)

12月6日しゅん工

メリット

  • 温室効果ガスの削減:年間約100tの二酸化炭素排出量を削減
  • 里山整備、森林利活用の促進、地域産業の活性化
  • 地域事業者の雇用創出
  • 地域経済の活性化への寄与

薪ボイラー諸元および運転状況

型式:アーク日本株式会社、ガシファイアーTA1200

出力:60~75kW(52,000~65,000kcal/h)

外形:1,016mm(幅)×2,140mm(奥行)×1,855mm(高さ)

燃費効率:81~89%

薪燃料:含水率20~30%

対応樹種:針葉樹、広葉樹

薪使用量:年間約75t(一日約0.2t)

その他:既存薪ボイラー(350kW)と併用運転

薪ボイラー設置状況

機械室棟

薪ボイラー室棟外観

薪ボイラー

薪ボイラー正面

市長視察

平成30年1月9日(火曜日)市長視察時の様子

お問い合わせ先

環境部
環境保全温暖化対策課温暖化対策担当

長野市大字鶴賀緑町1613番地 第二庁舎3階

ファックス番号:026-224-5108

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?