ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

現在地 トップページ > 組織でさがす > 環境保全温暖化対策課 > 水没、破損した太陽光発電設備にご注意ください

水没、破損した太陽光発電設備にご注意ください

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2019年10月21日更新

被災した太陽光発電システムの取扱いについて

(1)宅内等に漂着した太陽光発電システムの取扱いについて

水没・浸水により破損した太陽光パネル等が宅内等に流出している状況です。また、太陽光パネル等は、発火・感電する恐れがあります。太陽光パネル等を災害ゴミとして搬出する際は、次の点について注意してください。

  • 太陽光パネル、接続箱、パワーコンディショナなどに触れる際は、絶対に素手で触れず、厚手のゴム手袋などの絶縁性のある手袋を使用してください。

濡れた軍手では、触れないでください。

  • 太陽光パネルを搬出する場合は、ブルーシートや段ボールなどで覆うか、裏返しにし、出来るだけ太陽光パネルに光が当たらないようにしてください。

ご不明な点がありましたらご連絡ください。

 

(2)水没・浸水写真た太陽光発電施設の取扱いについて

水没・浸水した太陽光発電施設については、感電する恐れがありますので、近づかないようにお願いいたします。

なお、破損等により危険が生じている場合は、ご連絡ください。

 

水没、破損した太陽光発電設備にご注意ください

建物の屋根や地面に設置された太陽光発電設備は、風水害や地震などによって浸水したり破損したりすることがあります。

太陽光発電設備は、浸水したり破損したりしても光が当たれば発電することがあり、むやみに近づいたり触ったりすると感電することがあります。

また、太陽光パネルによっては鉛やセレン、カドミウムなどの有害物質が使われていることがあり、破損の状況によっては有害物質が流出する恐れがあります。

太陽光発電設備が風水害や地震などの被害にあったときは、むやみに近づかないように十分注意してください。

 

感電防止についての概要は、経済産業省のホームページにてご確認ください。

水没した太陽電池発電設備による感電防止についてのお願い(経済産業省ホームページ)

(参考)(図解)太陽電池発電設備による感電の防止

(参考)(図解)太陽電池発電設備による感電の防止 [PDFファイル/373KB]

 

 

太陽光発電設備が壊れた時は

太陽光発電設備が風水害や地震などの被害にあったときは、感電の危険がありますので、むやみに近づいたり触ったりせず、必ず販売施工業者に点検、復旧、撤去などの対応を依頼してください。

なお、50キロワット以上の施設の場合は、選任している電気主任技術者に連絡して対策を行ってください。

 

 

より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。

このページに関するお問い合わせ先
〒380-8512 長野市大字鶴賀緑町1613番地
長野市役所第二庁舎3階
温暖化対策担当
Tel:026-224-7532
Fax:026-224-5108
お問い合わせはこちらから

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

前のページに戻る ページトップに戻る