ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

現在地 トップページ > 分類でさがす > 市民の皆さんへ > 住民登録・戸籍届出・証明・マイナンバー > 住民登録 > 住民票、マイナンバーカード等への旧氏の記載等について
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市民の皆さんへ > 住民登録・戸籍届出・証明・マイナンバー > 印鑑登録 > 住民票、マイナンバーカード等への旧氏の記載等について

住民票、マイナンバーカード等への旧氏の記載等について

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2019年11月5日更新

住民票やマイナンバーカードなどへの「旧氏(旧姓)」併記について

マイナンバーカードの普及促進や、女性の活躍推進などを目的として、住民票やマイナンバーカードなどに「旧氏」を併記することができます。住民基本台帳本法施行令の一部が改正され、令和元年11月5日に施行されました。

詳しくは総務省の「住民票、マイナンバーカード等への旧氏の併記について」をご覧ください。

旧氏とは

  • 現在の氏以前に、過去に称していた氏のことです。婚姻前の氏、養子縁組前の氏などのことです。
  • 旧氏が複数ある場合は、いずれか一つの旧氏のみを併記することができます。

旧氏併記の対象となるもの

  • 住民票
  • マイナンバーカード
  • 通知カード
  • 公的個人認証サービスの署名用電子証明書
  • 印鑑登録証明書 など

※税関係の証明書や、国民健康保険証などには併記されません。

申請が必要

旧氏を住民票などに併記するためには、申請が必要になります。申請場所は市民窓口課または各支所になります。

  • 申請時に必要なもの

 併記したい旧氏が記載された戸籍から、現在までの連続した戸籍証明書(全部または個人事項証明書)

※申請をすると、記載の対象となるもの全てに旧氏が記載されます。住民票に記載して、マイナンバーカードには記載しないなどの選択はできません。

 

 

 

 

 

より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。

このページに関するお問い合わせ先
〒380-8512 長野市大字鶴賀緑町1613番地 第一庁舎2階
住民記録担当
Tel:026-224-7949
Fax:026-224-7631
お問い合わせはこちらから
前のページに戻る ページトップに戻る