ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

現在地 トップページ > 長野市の野外彫刻 > (114)重力質―Floating Rain’98

(114)重力質―Floating Rain’98

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2018年12月6日更新

重力質−Floating Rain’98

作品「重力質?Floating Rain’98」の写真

重力質−Floating Rain’98

第26回(平成10年)受賞作品

曽我 孝司/作

設置場所:信濃吉田駅前ロータリー 長野市行政地図情報へ

目には見えない空間そのものに大きな興味を持ち、それをどのように表現するかを考え続けている作者は、空間の中にやはり目に見えない重力の働きに最も強く引かれ、この作品を手掛けました。私たちが日頃意識することのない重力を表現するのに、地上から円錐形を立てその上に、ずらして円形の造形物を乗せ、円錐物を風によって左右に動く仕掛けになっています。動いてずれると空間が生じて質感を増します。赤色は強烈な存在感を持つと共に、春夏秋冬変化する光を受けて、見る者に千差万様の思いを常にもたらしてくれます。そしてこの空間に新しい息吹をうみ続けるでしょう。

 

 


 

 

より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします

このページに関するお問い合わせ先
直通
Tel:026-224-7504
Fax:026-224-7351
お問い合わせはこちらから
前のページに戻る ページトップに戻る