ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

現在地 トップページ > 長野市の野外彫刻 > (116)金属と樹液の距離

(116)金属と樹液の距離

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2018年12月6日更新

金属と樹液の距離

作品「金属と樹液の距離」の写真

金属と樹液の距離

第27回(平成11年)受賞作品

津久井 利彰/作

設置場所:れすぽちとせ(南千歳) 長野市行政地図情報へ

厚さ2ミリ、太さ3.2センチのステンレスの長い管を束ねて8メートルの金属の塔を立ち上げて生命力を湛えた植物をイメージさせた作品です。植物の中に流れる樹液は時間・方向・感情など人間の想像力を超えて毎日循環しているが、同じ現象を繰り返すことはないということです。植物に模された金属の束から発するエネルギーと植物のエネルギーと距離は縮まったり広がったりして生き続けます。周囲に植栽されたおかめ笹が成長するにしたがって、大きな金属の樹も姿を変えていくことを作者は充分に計算して将来に興味を抱いています。

 

 


 

 

より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします

このページに関するお問い合わせ先
直通
Tel:026-224-7504
Fax:026-224-7351
お問い合わせはこちらから
前のページに戻る ページトップに戻る