ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

現在地 トップページ > 長野市の野外彫刻 > (132)柱上の舞

(132)柱上の舞

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2018年12月6日更新

柱上の舞

作品「柱上の舞」の写真

柱上の舞

第32回(平成16年)受賞作品

後藤 良二/作

設置場所:第二学校給食センター 長野市行政地図情報へ

【作者のことば】微細な生物形態の中には驚くほど幾何学的構造を持つものもあります。また幼いころ飽きずに見た、凍りつくガラス面に成長する氷結晶の幾何学模様、そんなものに出会うと自然の秘密を垣間見たようにテンテコ太鼓を叩きたくなります。混沌と秩序、有機と無機、あるいは抽象と具象となど相対立するものに興味を惹かれます。一度、磁石のS極とN極、この二つを切り離そうとしたことがありました。しかし、その試みは見事失敗、新たな切断面にN極やS極が現れるのです。相対立するもの、これは切り離すことが出来ない表裏一体のものかもしれません。そして、今回の作品は表裏一体ひと捻り半させたメビウスの輪を三組構成してつくられています。

 

 


 

 

より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします

このページに関するお問い合わせ先
直通
Tel:026-224-7504
Fax:026-224-7351
お問い合わせはこちらから
前のページに戻る ページトップに戻る